入れ歯

入れ歯

近年では、入れ歯にも様々な種類があり、審美性や機能性に優れているものが多くなってきました。今の入れ歯がぴったり合わず、違和感がするという方は、是非一度ご相談下さい。

ノンクラスプデンチャー

通常の部分入れ歯の装着には、クラスプという金属のバネを用いて、他の歯に引っ掛けて固定します。その為、お口を開けた時にクラスプが見えてしまいます。

そのような審美性を考慮した部分入れ歯がノンクラスプデンチャーです。ノンクラスプデンチャーはクラスプを使用しない為、金属アレルギーの方も使用でき、入れ歯を付けているのがほとんどわかりません。樹脂から出来ており、とても薄くて軽い入れ歯です。又、弾力性があって柔らかいので、破損する事もほとんどなく丈夫です。

  • 通常の入れ歯通常の入れ歯
  • ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー

金属床

金属床

粘膜に接触する土台の部分が金属で出来た入れ歯です。通常の入れ歯より薄くて軽いので、装着時の違和感は少なくなります。そして、金属を用いる為、割れや変形もしにくく頑丈です。汚れも付きにくいので衛生的でもあります。又、熱伝導性に優れており、熱さや冷たさを感じる事ができます。その為、口に火傷を負うなどの危険性も軽減されます。

金属の種類には、コバルトクロム合金やチタンを使用しています。金属アレルギーを心配される方にはチタン製の金属床がお勧めです。

治療費用のご案内

インプラント無料カウンセリングしています。インプラントについて疑問に思っていること、なんでもご相談ください。インプラント専門コールセンター 078-321-2232