かぶせ物

かぶせ物

入れ歯と同じように、健康保険を介したかぶせ物にも、作成する際に制限があります。かぶせ物に使われる白い材質は「レジン」という樹脂で、プラスチックのようなものです。このレジンでは、ある程度の色調しか再現できず、きれいな色にはなりにくいのです。

かぶせ物の種類も様々で、審美性を求められる方には、多種多様な物の中から患者様に合ったかぶせ物をご提案いたします。

かぶせ物の種類

オールセラミック

オールセラミック

特徴
セラミックで作られる白い歯です。着色しにくく、色が変わりません。長く美しい前歯を保ちたい方におすすめのかぶせ物です。
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

特徴
セラミックとプラスチックを混合して作られる白い歯です。歯の白い色が安定していて、着色しにくいのが特徴で、治療費用も経済的です。
ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

特徴
一般的に金歯と呼ばれるかぶせ物のことで、ある程度の柔らかみがあり、噛み合わせのバランスに合わせて自然に磨り減ってくれます。
メタルセラミック(電鋳メタルセラミック)

メタルセラミック(電鋳メタルセラミック)

特徴
純金(24k)の上にセラミックを焼き付けたもの。内側が金箔になっている為、歯と歯茎の境目が黒ずみにくく、また密着度が良いため境目からの2次虫歯になりにくい治療です。
メタルセラミック

メタルセラミック

特徴
通常保険のきかないかぶせ物がこれにあたり、色調、形態ともに優れています。唾液の吸収による変色や口臭の心配もありませんし、内側は金属で補強するのでブリッジ治療などにも適しています。

治療費用のご案内

インプラント無料カウンセリングしています。インプラントについて疑問に思っていること、なんでもご相談ください。インプラント専門コールセンター 078-321-2232