インプラント

インプラント治療とは

インプラントとは、失われた歯の代わりにチタン製の人工歯根を埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯を被せる治療法です。歯根として使用する金属は、骨との結合性の優れた高純度のチタンで、様々なメーカーから生産されています。
当院では、SPI・カムログ等のインプラント素材を使用しており、患者様の症状に合わせて選択しております。

現在のインプラント治療

インプラント治療

天然歯と同じような違和感のない噛み心地を得られるのは勿論の事、自然な見た目を回復する事ができます。そして、インプラントは、健康な歯と歯茎を維持していればとても長持ちします。

又、現在では再生治療が発達してきました。それに伴い、インプラントを植えるのに十分な骨量がない場合でも、骨を増やす補助手術によってインプラント治療が可能になってきました。

インプラントのメリット

  • 健康な歯を削ったり、負担をかける事なく治療する事ができます。
  • 又、総入れ歯の場合でもしっかり固定できる為、取り外す面倒もなく、不快感や話しにくさから開放されます。

インプラントは最先端の治療法として人気が高くなってきています。しかし、外科手術を伴う為、本来外科医が行うべきものであり、一般の臨床経験を持つだけでは不十分と言えます。手術や予後(メンテナンス)に大きな差が出てくる為、知識・経験による判断力を持った医師、そして設備がしっかり整っている事が重要です。当院にはインプラント・口腔外科の知識・臨床経験ともに豊富な専門医がおります。当専門医が手術までに、様々な兆候や既往症など可能な限りのデータを集め、起こり得る問題を分析した上で予測し、対処していきますので安心して治療に臨んで頂けます。

インプラントに必要な顎の骨に厚みや幅を増す方法

GBR(骨組織誘導再生法)

歯が抜けた後の穴は自然と回復します。しかし、回復スピードの差で、本来骨が出来るべきスペースを歯肉が占領してしまいます。そうした場合に、顎の歯肉と顎の骨の間に特殊な膜を入れて、膜の下に骨を作る方法がGBRです。

ソケットリフト・サイナスリフト(上顎洞挙上法)

上顎の上には上顎洞と呼ばれる空洞があり、歯を失うと上顎と上顎洞との間の骨量が少なくなります。上顎洞の壁側から処置を行うサイナスリフト法と、歯槽骨頂から行うソケットリフト法があります。上顎の場合のみに行う方法で、移植骨や骨補填材を使用します。歯槽骨頂から上顎洞までの距離が3mm以下ならサイナスリフト法で治療しますが、4mm以上あれば比較的リスクの少ないソケットリフト法で治療します。

治療費用のご案内

インプラント無料カウンセリングしています。インプラントについて疑問に思っていること、なんでもご相談ください。インプラント専門コールセンター 078-321-2232