歯周外科

最新の歯周病治療~再生療法~

歯周外科とは、歯ぐきを切開し、目に見える状態で歯根に付いた歯石・歯垢をきれいに取り除く手術の事を言います。

歯周病がひどくなると、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が深くなり、歯ぐきは痩せ、歯層骨(歯を支える骨)が溶けて歯周組織が破壊されてしまいます。そうなると、初期治療のスケーリング(歯石除去)・SRP(歯ぐきより下の歯石除去)では取り除くことができない深い歯周ポケットの歯石を取り除いてきれいにするために歯周外科手術が必要になります。

又、手術の際に、エムドゲイン法やGTR法などの再生療法を行うことによって、歯周病で失った歯周組織を取り戻すことができます。当院では、これらの方法に人工骨を加えて、より良い再生治療を目指しています。

エムドゲイン法

エムドゲイン法

エムドゲイン法とは、エムドゲインゲルという歯周組織再生誘導材料を使用した方法です。エムドゲインゲルは、安全性の高い幼若豚の歯胚から抽出精製されたもので、主成分は歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質の一種です。

歯周病になると、歯層骨と歯周組織が破壊されます。そうした場合には、歯肉をめくって歯石や歯垢をきれいに取り除きます。そして、組織が不足している部分に、エムドゲインゲルを注入することで組織を回復させる方法がエムドゲイン法です。

エムドゲイン・ゲルを使う治療法

  1. 歯周ポケットの測定
  2. 歯肉の切開
  3. 歯肉の剥離
  4. 歯根表面の清掃
  5. エムドゲイン・ゲルの塗布
  6. 縫合

GTR(歯周組織再生誘導法)

エムドゲイン法と同じく、歯肉をめくって歯石や歯垢を取り除きます。そして、組織が破壊して不足している部分を特殊な膜で覆い、スペースを確保する事で組織を回復させる方法がGTRです。治療の流れはエムドゲイン法とほとんど同じです。ただし、GTRの場合は、歯周組織の回復後に膜を取り除く2次手術が必要になります。

治療費用のご案内

インプラント無料カウンセリングしています。インプラントについて疑問に思っていること、なんでもご相談ください。インプラント専門コールセンター 078-321-2232