口腔外科

口腔外科と歯科ってなにが違うの?

歯科は、虫歯や歯槽膿漏を主な疾患として扱っていますが、口腔外科はその名の通り、それ以外の様々な口腔の病気・疾患を治療することを目的とした診療科目のことです。

幅広い疾患を扱うということは、それに比例して幅広い知識と技術が必要になります。そのため、口腔外科を診療科目の中に取り入れている歯科医院はあまり無く、大学病院などの大きな医院ぐらいでしか行われていない診療科目でもあります。

神戸インプラントクリニックでは口腔外科の知識と技術に長けた専門の医師を迎え入れており、これにより患者様の様々な疾患に対応できるようになりました。

口腔外科治療の主な疾患

抜歯

口腔外科で一番多い疾患が、親知らずなどの難しい抜歯です。難しいといっても、親知らずの生えている状態によって簡単なものから困難なものまで様々です。

親知らずが生えたことにより、歯と歯茎の間にプラークが溜まり炎症を引き起こしている場合があります。この場合は、抗生剤の投与により炎症を抑えてから抜歯を行います。

顎骨骨折

顎の骨折が原因で歯の噛み合わせが悪くなる場合があります。これを防ぐために、上下の歯の位置関係を考慮し、骨折でずれた骨を固定していきます。ずれが大きい場合は手術してプレートで固定します。治療期間中は噛むことが出来ないので、食事は流動食になります。

口腔癌

口腔癌とは口の中やその周辺にできる癌のことで、「舌癌」「歯肉癌」「口唇癌」「頬粘膜癌」など出来る箇所でそれぞれ呼び名が違います。

症状としては、口腔内の一部に掘れて固い箇所があったり、白斑が出来ている場合は要注意です。癌になることは極稀ですが、早期発見が一番の近道です。治療方法として一番多いのは、手術による摘出方法です。

口臭

口臭の原因としてはいくつかあり、「舌苔」「虫歯」「歯槽膿漏」などがあります。「舌苔」というのは舌の表面に見られる白い部分のことで、細胞の残骸が集まって白く見えます。口臭の原因の大部分を占めるのが、この「舌苔」です。

治療方法としては、「抗生物質、殺菌性のうがい薬を用いて細菌を減らす」か、「舌苔、歯と歯肉の間(歯周ポケット)にあるタンパク質を掃除する」の2通りがあります。

口を大きく開けられない顎関節症、外傷による歯や唇の怪我、歯茎に埋まった親知らずなどの困った歯、舌や歯茎にできものが出来たなどの症状でお悩みの方は、お気軽に一度ご相談下さい。

治療費用のご案内

インプラント無料カウンセリングしています。インプラントについて疑問に思っていること、なんでもご相談ください。インプラント専門コールセンター 078-321-2232